負担はプランの費用だけではない

負担はプランの費用だけではない

負担はプランの費用だけではない お葬式をするには様々な負担が発生します。
まずは葬儀業者に支払うプランの料金が何十万円と莫大にかかります。しかし実際に発生するべきお金はそれだけではありません。ほかに支払うべきお金は火葬場利用料、さらに参列者に対してのお食事や返礼品の代金も必要です。さらに地域によっては火葬場職員や霊柩車運転手に対して、現金支払いで心づけと呼ばれるチップみたいなのも払うように要求されることもあります。お葬式の負担はお金だけではなくて心身の疲労という形で発生します。
心身の疲労をできるだけ抑えるための工夫もしなければなりません。心身の疲労をできるだけ抑える対策の1つは、できるだけ家から近い葬儀業者を選ぶことです。あまりにも遠いと家との往復で時間を取られて、それだけで疲れやすくなるからです。ほかには家族葬の選択とか、そこへ参列していただく人数の数などの工夫も欠かせません。というのはできるだけ人数を減らしたほうが余計な神経を減らして精神面での疲れを少なくできるからです。

トレンドは自然葬や墓を持たない海洋散骨

トレンドは自然葬や墓を持たない海洋散骨 お葬式というと多くの参列者が見守るかしこまった雰囲気のなか、粛々と行われるイメージがありましたが、昨今では簡素化したシンプルな家族葬が主流になりお葬式の雰囲気もかなり変わりました。自然葬や樹木葬がトレンドになり、海洋散骨や故人の個性を活かして内容を自由にプランニングできる葬儀が人気です。
お葬式への価値観の変化から生前にこんなお葬式がしたいという希望を葬儀社にあらかじめ伝える人が増えており、好みの音楽を流したり祭壇にカラフルな生花を飾ることを望む人が増えています。お葬式をせず火葬のみを行う直送を選んだり、墓じまいをする家庭も増えたことから葬儀後は合同墓による永代供養を選ぶのも近年のトレンドです。檀家にこだわらない家庭も増えたので、お葬式の際は葬儀社が僧侶をレンタルで手配するなど、寺院や僧侶との付き合い方も変化が見られます。家族葬では初七日の精進料理をお葬式当日に一緒に済ませるなど、様々な簡素化が進んでいるのがここ数年間の特徴です。

新着情報

◎2023/8/7

情報を更新しました。
>葬儀においてのし袋は大切!故人への最後のお辞儀
>キリスト教式の葬儀を日本で行う際の問題点について
>宗教宗派にのっとった葬儀を執り行いましょう
>葬儀を行う上で最低限必要な内容やポイント
>葬儀に関する書類手続きのノウハウと注意点

◎2022/10/12

情報を更新しました。

>近年増加傾向にある葬儀がアットホームな家族葬
>葬儀を連想させるとして宮型霊柩車は減少の一途
>葬儀でペット用を利用する際はプラン内容をしっかり選ぶ
>時代の流れに葬儀の人気プランの変化を把握しておく
>葬儀の中の告別式ではどのような点に気をつけるのか

◎2021/9/29

生前葬のメリットデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/7/29

負担はプランの費用だけではない
の情報を更新しました。

◎2021/7/15

サイト公開しました

1人菩提寺(ぼだいじ)とは自分の家が所属するお寺で、所属している家を檀家といい、田舎では江戸時代から檀家制度が続いています。 葬儀・法事や戦没者法要は菩提寺住職が行います。 宗教関係なく寺院を維持するため檀家が維持費を出し合いますが、人口が少ないため一人あたりの負担が大きいのです。

絶対にイヤなので、しっかり書いておく なんなら私だけ海に流して欲しい 葬儀や法事のお布施などあとあとにかかるお金が高い 子どもたちには負担をかけたくないなぁと思うから 小さな写真と一輪のお花飾ってくれたら充分しあわせ☺️

返信先:どうせなら、墓石当たります!葬儀費用も負担します!万が一があっても安心♪とかやったら気づくかも。

返信先:使い切って死ぬ、ということは、病気で倒れたら入院費などはこちら負担!?緊急時のお金は!?葬儀の費用は!? 散々好き勝手言っといて、最後だけ良く面倒見てもらえるなんてそんな都合のいい事はありませんよ全国の毒お義母様😌 "こんな嫁"というのがあなたを看取るということを忘れないでください😀

-->