はじめての葬儀で戸惑わないためには?

葬儀費用の相場はいったいどれくらいなのでしょうか

葬儀費用の相場はいったいどれくらいなのでしょうか 最近テレビコマーシャルでよく目にするのが、葬式代にばらつきがあってどのように捉えたらよいかというものです。
ある家庭では総額で40万円ほどだったのに、ほかの家庭では総額で100万円もかかってしまったというのです。
もちろん葬式というのは急に飛び込んでくる話であって、いろんなところから見積もりを取ってそれらを比較しながら決めるものでもありません。
そのため、悪く言えば葬式の喪主などで多忙となる人の足元を見るような値段を決めるような業者などもいるということです。
葬儀の際にお金のかかる部分は、本当に必要な部分ではなく葬儀の見た目を立派なものに見えるようにしている部分が多いようです。
例えば花輪の数や棺の見た目、祭壇の飾りつけといったところのようです。
さらには、お坊さんに支払うお経代という費用もその金額はあってないようなものであり、お坊さんが何となく示す金額をそのまま支払っているのが現状かもしれません。
何となく高いなあという気はしていても、肉親を亡くした悲しみなどにそんな気持ちは打ち消されあいまいなままにされているのです。

葬儀の形式や規模はどうやって決めたらいいのでしょうか

葬儀の形式や規模はどうやって決めたらいいのでしょうか 葬儀の形式や規模を決めるには葬儀社の存在が欠かせないです。
仲介サービス業者や冠婚葬祭互助会など様々な形態があるものの、一般的には葬儀の全体的な作業をサポートしてくれる会社となります。
依頼方法は簡単で、問い合わせをすれば担当者が依頼者のもとに伺い、形式や規模をはじめ、火葬場や式場の空き状況や予算などを打ち合わせしながら決めていくだけでなく、死亡届の提出や火葬許可証の受理といった書類の手続きも万全です。
ただしどこでもいい訳ではなく、地元の会社であるのが条件となります。
そもそも死亡届や火葬許可証といった葬儀に必要不可欠な書類は地元でしか発行できず、また故人の遺体も24時間以内に荼毘にするのは法律では違反です。
そのためどうしても、地元に強い業者でなくてはなりません。
具体的な内容は担当者が提示するプラン次第ですが、予算や参列者、遺族にも都合がいい日程など現実的な面を考慮すれば自然と決まっていくはずです。

新着情報

◎2023/8/7

情報を更新しました。
>葬儀においてのし袋は大切!故人への最後のお辞儀
>キリスト教式の葬儀を日本で行う際の問題点について
>宗教宗派にのっとった葬儀を執り行いましょう
>葬儀を行う上で最低限必要な内容やポイント
>葬儀に関する書類手続きのノウハウと注意点

◎2022/10/12

情報を更新しました。

>近年増加傾向にある葬儀がアットホームな家族葬
>葬儀を連想させるとして宮型霊柩車は減少の一途
>葬儀でペット用を利用する際はプラン内容をしっかり選ぶ
>時代の流れに葬儀の人気プランの変化を把握しておく
>葬儀の中の告別式ではどのような点に気をつけるのか

◎2021/9/29

生前葬のメリットデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/7/29

負担はプランの費用だけではない
の情報を更新しました。

◎2021/7/15

サイト公開しました

1人母国へ空輸+葬儀だと、100~150万程度で済みます。 イスラム教はマスト土葬ですよね。 そうなると業者や土地、寺院も限られているので、 裏があるキリなら50万、ピンなら300万程度が相場です。 平均だと150万以上なので、そうなら空輸で愛する母国に帰るのが良いと成りますね。 不法滞在でなければ。

葬儀のマナー】香典の金額の相場は?香典辞退と言われたらどうする?50代から心得ておきたい冠婚葬祭のマナー: 香典の金額はいつも悩ましいもの。いくら包めばいいのでしょう。香典辞退という案内が来たけど本当に不要なの?…

-->